食品添加物

調味料(アミノ酸等)って何者!?え、あなたも味覚パー!?怖い危険性5つ!

投稿日:2018年1月18日 更新日:

こんにちは。でっぱ虫です。

調味料(アミノ酸)もしくは調味料(アミノ酸)って文字、加工食品の裏でめちゃくちゃよく見ません??

おにぎりや、ポテトチップス、ソーセージ、インスタントラーメン、納豆のタレ、梅干し、紅しょうが、味の素、ほんだしなどなど・・

本当にありとあらゆるものに入ってるこやつは何者なのでしょうか。

調味料ってかいてあるし、醤油やみりんみたいな感じかしら??

と思いがちですが、こやつはれきっとした化学合成品です。

「だし」として古くから使われてきた旨味成分を化学的に合成したり、抽出した化学調味料です。

では何が原料なのか?
安全なのか?
危険なのか?
調味料(アミノ酸)と調味料(アミノ酸等)との違いは何か?

よし、早速正体を暴いてやりましょう。
だしの素

スポンサードリンク

調味料(アミノ酸等)とは

まず、調味料(アミノ酸等)の「等」がとっても気になるので、こやつの正体から見ていきましょう。

調味料はアミノ酸系、核酸系、有機酸、無機塩の4種類があります。

はい!4種類とも「お前ら、何者よ。」状態。
でっぱ虫には、全くどんな物か想像できませんので調べてみました。

アミノ酸系
代表的なものはL-グルタミン酸ナトリウム。
こんぶのうま味成分
核酸系
代表的なものはかつお節、にぼし、肉などに多く含まれているうま味成分
有機酸
代表的なものは貝類特有のうま味成分
無機塩
代表的なものは天然のカリ岩塩

ふむふむ。なんとなくイメージがつきましたね。

表示の際には、「調味料」の後ろにカッコ書きでこの種類のどれを使用しているのかを記載します。

これら4種類のうち2種類以上を使用する場合は、代表的なものだけを表記して、”等”をつけます。

そして1番、よく使われ、私達が口にしているのが今回の主役、アミノ酸系です。

いわゆる・・

「調味料(アミノ酸)」・・アミノ酸系を使用
「調味料(アミノ酸等)」・・アミノ酸系以外にも核酸系か有機酸か、無機塩のどれかも入っている

ではアミノ酸系について詳しくみていきましょう。

調味料(アミノ酸)のアミノ酸とは

L-グルタミン酸Na(ナトリウム)が代表的なものです。
調味料(アミノ酸)と表示されていたら、このL-グルタミン酸Na(ナトリウム)が使われている可能性が非常に高いです。

L-グルタミン酸Na(ナトリウム)とは

L-グルタミン酸Na(ナトリウム)はもともとは昆布に含まれるうま味成分で、現在はサトウキビなどを原料に、発酵法によって製造されています。

これが昔、「石油」を原料として作られていたことがあったそうですよ!!

石油て・・ (◉◞౪◟◉) ゾッ

案の定、発がん性が問題視されているタールの混入が疑われ問題になったそうです。
なので、現在はサトウキビを元に作っているそうです。

しかし、安価な輸入品に含まれる化学調味料については、もしかしたらいまだに石油を原料に作られているかも・・?

うむむ。ちょっとこやつの危険性をもっと詳しく見てみましょう。
危険

L-グルタミン酸Na(ナトリウム)の危険性

こんな事件があるんです。

1968年 アメリカのボストン郊外にて
そこの中華料理店で食事をしていた人達が急に顔面や首、腕にかけての灼熱感やしびれ感、さらには動悸やめまい、全身のだるさなどを訴えた!!
彼らは全員お店のワンタンスープを飲んでいた!

果たして、犯人は・・!!??

灼熱感、しびれ、動悸、めまい、だるさ

そう、犯人はただ1つ・・

ここのお店のワンタンスープに大量に入っていたL-グルタミン酸Na(ナトリウム)だ!!

この事件を受け、人間に対する臨床実験の結果・・

空腹時に多量のL-グルタミン酸Na(ナトリウム)を摂った場合、15~25分後に一部の人で灼熱感や顔面圧迫感、胸痛などが起こることがわかりました。

昆布に含まれるL-グルタミン酸Na(ナトリウム)はごく少量なので、小腸で消化できるのですが、加工食品に大量に添加されると消化しきれず血液中に入って運ばれ顔や肩、腕などに灼熱感を起こすそうです。

そしてこの症状は中華料理店症候群と名づけられました。完。

おお。怖。

でも、なんでそんなに大量にL-グルタミン酸Na(ナトリウム)が入っていたのでしょうか。

それは、グルタミン酸ナトリウムの困った特徴のせいです!

なんと、一定の分量を超えると、どんだけ入れても同じような味に感じるため、食べすぎに気づきにくいという特徴があるのです。

ですので、飲食店もついつい過剰投入しがちなのです。
その結果、調味料としての一般的な使用ではありえない分量のグルタミン酸ナトリウムを気づかずに食べているかもしれないんですね。

この中華料理屋の料理人もよくわからずいっぱいワンタンスープにつっこんでしまったのでしょう。

ここでひとつ怖い話

フィリピンなど東南アジアでは、野犬を捕獲 するときに缶詰の魚に味の素(グルタミン酸ナトリウムが大量)を振りかけて広場に置きます。
そして野犬がガツガツ食べると、そのうち足がふらつきはじめ、バタっと倒れてしまい、そこを捕らえるそうですよ。

・・やべえ(◉◞౪◟◉)

あと、中華料理ってアミノ酸大量につっこんどけば日本人は「美味しい美味しい」て食べるんですって。

・・そうなんです。

もう1つの危険性は「味音痴」になること!!
怖い

味音痴に

このアミノ酸、L-グルタミン酸Na(ナトリウム)は本当にたくさんの食品に添加されています。

例えば、毎日飲むお味噌汁。
ちゃんと本当の鰹節から出汁をとっていますか?
更には煮物や和食。
便利だからといって粉末のほんだし使っている方も多いんじゃないでしょうか。

コレにも調味料としてアミノ酸、ばっちり入っていますよ。

ですので、この味が毎日脳に刷り込まれていきます。

そして、結果的に、この化学合成品であるL-グルタミン酸Na(ナトリウム)が添加されていないと逆に「なんか物足らなくね?」と感じてしまう味覚パーの人達を大量に生み出しているのです。

でっぱ虫もそうかも笑

そしてこのほんだしや味の素もそうですね、これらを販売している食品会社は消費者がこの味を自然と求めるようになるので、いわゆる中毒のようなもので、儲かります。
実際、覚せい剤に近いとも言われ、脳神経に働きかけ、依存性があるのです。

うむむ。更に・・

神経細胞の破壊!?

「アミノ酸を多量摂取するとキレやすくなる」ってゆう言葉。
聞いたことありませんか?

グルタミン酸ナトリウムは興奮毒性ともされていて、脳神経系をはじめ様々な疾患の原因の一つであるとも言われています。

神経細胞を破壊してしまうそうです・・。

特に、胎児・乳幼児の脳形成期に悪影響の恐れがあります。

怖い話

かつて世界保健機関(WHO)の専門家委員会が出している報告書にグルタミン酸ナトリウムの一日摂取許容量が設定されていました。

特に生まれて二カ月までの乳児には与えてはいけないとされていました。

しかし、これはグルタミン酸ナトリウムを使った商品を多く扱っている味の素にとってはやばい情報ですよね。

そしてなんと、企業の働きかけでWHOの報告書から今は消えているそうですよ。

なんてこったい(☝ ՞ਊ ՞)☝ 

神経細胞の破壊によって考えられる影響は・・

アルツハイマー、注意欠陥、パーキンソン病、、多動性障害、知能障害、精神病、てんかん、うつ病、めまい、ロレツがまわらない、不眠症

などの症状が・・・!
認知症

発がん性

怖い話

アメリカのFDA(厚生省)が、「味の素社のハイミーには奇形発ガンが認められるよ。やばいよ」と日本の厚生省に通告したにも関わらず・・

厚生省は「わかった。ってか知ってる。でも国民には黙っておこう。添加を認めたままでいこう」
ってゆう結論になっています。

世の中って怖いね(◉◞౪◟◉)

血管を傷つける

グルタミン酸ナトリウムは消化しきれなかった分は、血管内に入ります。
頻繁に摂取していたり、その量が多いほど血中濃度が高くなり、血管を傷付けます。

その結果・・

心臓発作、脳卒中、下痢、嘔吐、不整脈、肥満、糖尿病、精子の減少、ガンの促進など

の危険性があります!

いやはや、怖いな!!!!

最後に

ついつい、便利だから粉末だしや加工食品に頼ってしまう気持ちよくわかります!!!

でっぱ虫も面倒臭がり屋の代表みたいな人間ですから!!

でも、本当に家族や自分の健康を考えるなら、

きちんと出汁をとったり、

加工食品に頼らず、手料理を頑張ったり、

調味料(アミノ酸)、もしくは調味料(アミノ酸等)の文字を見つけたら、買うかどうか今一度考えてみた方がいいかもしれません!

スポンサーリンク

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル

-食品添加物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

はてな

ソルビトールとは?その効果や危険性【糖尿病の方や妊娠中は大丈夫?】

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 ガムとかお菓子、コンビニのおにぎりやダイエット食品に「ソルビトール」が含まれているんだけど・・・これ何? 安全なの? ソルビトールという添加物。 糖尿病の方や妊娠 …

パン

イーストフードとは?危険?イーストとの違いは??わかりやすく解説!

こんにちは。でっぱ虫です。 パンの原材料を見ると「イーストフード」という文字が。 イーストフードって何よ?? イーストとは別物?? 何が違うの? ってか危険なの?? はい!わかりやすく説明します。 目 …

危険

アスパルテームとは?【13個の危険性】知らないと健康被害!?

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 ダイエット中に砂糖の代わりに一時、パルスイートを使っていたなあ・・・ 今考えるとゾッとします。 今回はダイエット食品やガム、お菓子などに必ずと言っていいほど、含ま …

炭酸

ブドウ糖果糖液糖に潜む3つの危険性【ヤクルトを飲む人も必見!】

でっぱ虫 こんにちは。でっぱ虫です。 ヤクルトって身体にいいイメージだし、美味しくて大好き! 旦那 ブリ でっぱ虫君、ヤクルト400の原材料名をちょっと見てごらん。   1番最初にブドウ糖果 …

デントコーン

コーンスターチよ。お前の原料は何だ?危険性など、正体を暴いてやる!

こんにちは。でっぱ虫です。 コーンスターチってプリンとか、お菓子とか、ポテチとかの加工食品の裏にひっそり登場していますよね。 また、ケーキを作ろうとしたら材料にコーンスターチって書いてあったり・・・ …

カテゴリー

RSS