その他オイル

MCTオイルの副作用、下痢、胃痛など4つ!これで解決!正しい摂取量、方法4つ!

投稿日:2017年12月11日 更新日:

こんにちは。
でっぱ虫です。
MCTオイルには以下のようなすごい効果があります。

●脂肪になりにくい
●脂肪分解(糖質制限とセット)
●空腹を感じにくい
●便秘になるにくい
●運動能力を高める
●認知症予防
●糖尿病予防

すごいですね。

ですが、実際MCTオイルを摂取した方々から、

「胃がキリキリ・・痛い」
「下痢した・・お腹痛い」
「気持ちわりい・・・・」

などの口コミが多くあります。

一体どういうことなのでしょうか??
今回はいい面ばかり見ないで副作用にも目を向けてみましょう。
どんなものがあるのでしょうか?

下痢

また、副作用が起きないための摂取の仕方の注意点と合わせて紹介します!!

スポンサードリンク

MCTオイルの副作用

身体が酸性に傾く

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪が、ケトン体という物質に変化し、そこからエネルギーを生み出します。

このケトン体は酸性なので、ケトン体が血中に増え過ぎると、身体自体が一時的に酸性になってしまうんです。

本来、身体は弱アルカリ性の状態がベストです。

その結果、吐き気や嘔吐、めまいや異常な眠気を感じる可能性があります。
健康な方であれば、このような状態になっても、次第に正常に戻ります。

ただ、第1型糖尿病の方などは、正常に戻す力がなく、最悪、意識障害、死に至る可能性があります。
よって必ず、お医者さんに相談して、独断で継続的なMCTオイルの摂取はやめて下さい。

肝臓病の人には肝臓の負担が大きい

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、身体の中を近道して、肝臓に直接運ばれてきます。
そして、肝臓でケトン体に変身させ、エネルギーとなります。
ですが、肝臓の力が弱まっている方は肝臓にやってきた中鎖脂肪酸を全てケトン体に変身させることが出来ない恐れがあります。

そして変身できなかった中鎖脂肪酸が肝臓に溜まってしまう恐れがあります。
その結果、肝脂肪になる可能性があります!!

また、肝臓でケトン体に変えるために肝臓を無理やり働かせ、その結果、機能を弱め肝不全になってしまう場合もあります。

中鎖脂肪酸の過剰摂取は控え、肝臓の悪い方は念のため、お医者さんに相談しましょう。

腹痛 下痢 胃痛

MCTオイルの過剰摂取は、腹痛、下痢の原因になりえます。

一度に大量のMCTオイル(中鎖脂肪酸)を摂取したことない場合、身体がびっくりしてしまい、順応までに時間がかかってしまう場合があります。
要するに免疫力がないわけです。

またMCTオイルは油であることに変わりありません。
オイルはそのまま摂取すると、吸収しにくい特徴があります。

何故なら、小腸に吸収するためには、胆のうという臓器から胆汁が分泌され、溶けにくいオイルを溶けやすく、吸収しやすいよう粒の小さい状態にしなくてはいけません。
ですが、大量のオイルを摂取することによって、その胆のうの働きが間に合わず消化しきれず体外に排泄されてしまうんです。
いわゆる下痢です。

また、MCTオイルには水溶性食物繊維であるペクチンが含まれています。

ペクチンは食物繊維なので、腸内環境を改善し、なおかつ水分を含んで便を軟らかくしてくれます。
便秘解消、ダイエットにはいいのですが、普段から便の軟らかい方など注意が必要かもしれませんね。
お腹痛い

高温に弱い

MCTオイルを高温で加熱すると、他の油よりも早く発がん性物質が発生してしまいます。

オイルを高温で加熱し続けると煙が出てしまいます。
この煙が発生する温度を発煙点と言うのですが、この発煙点がMCTオイルは非常に低いのです。

他の調理用油はだいたい200度以上ですが、このMCTオイルは150度以下です。
150度以下で、発がん性物質が発生してしまうので危険です。
ですのでMCTオイルは加熱は控え、生のまま使用することをおすすめします。

副作用を避けるために

一日の摂取量を守ろう

MCTオイル1日の摂取量 大さじ2杯

MCTオイルの過剰摂取により、腹痛、下痢、胃痛の原因になります。
いくら身体にいいからといってこれ以上の摂取は控えましょう。

また、初めてMCTオイルを摂取する方は小さじ1杯くらいから始め、少しづつ身体を慣らしてあげることも大切ですよ。

生のまま摂取しよう

加熱をすると、発がん性物質が発生しやすためでしたね。

そのまま飲まず、食べ物や飲み物に混ぜて摂取しよう

胃腸への刺激を避けるために、まずお腹に何かを入れてからMCTオイルを摂取しましょう。

また、小腸で吸収しやすいように、溶けにくいオイルを溶けやすくするのも大切です。

そのためには油脂成分を飲み物としっかり混ぜ合わることも重要ですよ。

肝臓の弱い方、糖尿病患者さんは医者に相談する

必ず、自身の判断だけでは行わないで下さいね。

おまけ おすすめのMCTオイル

最後に、MCTオイルでどれを選ぼうか迷っている方におすすめするのが、Coco MCTオイルです。

Coco MCTオイルのおすすめポイント!

〇ココナッツ由来100%(パーム油のMCTオイルは身体に悪い)

〇バージン・ココナッツオイルを使用
加熱、化学溶剤を使っての漂白、脱臭などの処理を行わず、栄養素が損なわれていない品質の高いもの

〇添加物は一切不使用

〇値段がお値打ち

皆の口コミ

胃が痛くなって今は全然飲んでない(Aさん)
他のMCTオイルと比べ安かったので購入。
糖質制限を開始して摂取を始めましたが、まったくクセがありません。
プロテインに入れてシェイカーで混ぜると、多少の油っぽさはありますが自然に飲めます。
コスパ良し。
匂いや味にクセがない。
飲み出して体脂肪減量。(Pさん)
オイルの割に凄くサラサラして癖がないので常時使用しています。 (Yさん)
ダイエットでコーヒーにまぜて飲んだらもう一日中何もいらない…て思うぐらいすごいです。 (Yさん)
MCTオイルの名品に出会った感じです。美味しく取れています。(Sさん)
味・香り・・ほぼ無味無臭ですが、ほんのりとした甘さが感じられ、サラサラしたオイル

まとめ

MCTオイルの副作用

身体が酸性に傾く
肝臓病の人には肝臓の負担が大きい
腹痛 下痢 胃痛
高温に弱い

正しい摂取の仕方
1日大さじ2杯を目安。
初めての方は小さじ1杯から徐々に増やしていこう。

一日の摂取量を守ろう
生のまま摂取しよう
そのまま飲まず、食べ物や飲み物に混ぜて摂取しよう
肝臓の弱い方、糖尿病患者さんは医者に相談する
スポンサーリンク

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル

-その他オイル

執筆者:

関連記事

ギー

ギーとは?その栄養から期待できる効果20個!おすすめ通販も紹介

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 なんだかギーが人気みたいだけど、ギーって何?おいしいの? なんでそんなに人気なんだろう・・。 という疑問にお答えすべく、今回は注目を集め始めているギーについて調べ …

バター

バターとマーガリン。健康なのはどっちか即答する【バターの効果7つと危険性も】

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 ・・・ぶっちゃけ、バターとマーガリンどっちが健康にいいの?(´◔౪◔) ってことで、今回は バターとマーガリン選ぶならどっちか? マーガリンの危険性は? バターは …

ごま油

ごま油の嬉しい効果と怖い危険性!知って損はさせないよ!

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 あ、ごま油がなくなった。 買いにいくの面倒だなあ。 普段当たり前のように使ってるけど、このごま油って健康にいいのかな?それとも危険なのかな。 旦那 ブリ 確かに素 …

オランウータン

「パーム油を食べてはいけない」4つの危険な理由とは?

でっぱ虫 こんにちは。 ポテチ、チョコレート、カップラーメン、アイス、身体に悪そうなもの全般大好き、でっぱ虫です。 でもなんで一般的にこれらの食べ物って身体に悪いって言われているんだろう? 旦那 ブリ …

紅花

紅花油に副作用や危険性はあるの?特徴・効果・使い方が知りたい!

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 サラダ油ってからだに悪いよね。 クセがなくて健康にいい油探してるんだけど・・紅花油ってどうなんだろう? ※サラダ油の怖い危険性6つ【ガクブル注意】 ということで、 …

カテゴリー

RSS