歴史

【戦争の理由】歴史を勉強したら価値観が180度変わってしまった。

投稿日:2018年3月4日 更新日:

旦那 ブリ
こんにちは。ブリです。
僕は学校の教科書では、戦争の時に日本は酷いことをしたと習ってきたし、それが事実だと思っていたよ。

学校の教科書では日本軍がアジア各国に侵略し、そこに住んでいる人達にひどいことをしたと書いてありました。
また今問題になっている慰安婦など・・・

でっぱ虫
昔の日本人ってやばいな・・先祖が申し訳ないことをしてしまったな・・・

などどと感じた方も多いのではないでしょうか。

ですが、過去の歴史と日本人特有の「自己主張」できない性格、謙遜することが美しいなんて言われてる日本とのギャップに違和感を感じませんか?

旦那 ブリ
モヤモヤしてたんだけど・・
社会人になってまさかの会社が倒産して、時間ができた時に勉強してみたよ!

勉強したことによって正直悔しいような、先人に申し訳ないような・・僕の価値観が180度変わってしまいました。
そして、事実を知ることによって、今とこれからの未来について考えるきっかけともなりました。

この記事では以下を紹介します。

●僕が歴史の勉強を始めたきっかけ
●勉強をしてわかったこと
●本当の戦争の理由
スポンサードリンク

勉強を始めたきっかけ

旦那 ブリ
以下の5つが勉強を始めた主なきっかけだよ。
1 大学時代のタイ旅行
2 尖閣諸島での船舶衝突事件
3 大震災の時に日本人の規律精神
4 大震災の時の自衛隊の活躍
5「大空のサムライ」を読んで

1 大学時代のタイ旅行

現地の方も含めタイ人は本当に親切にしてくれました。

旦那 ブリ
あれ?「東南アジアの国々に対して日本は侵略行為を行った」と習ったはずなんだけど・・
めちゃくちゃ親日国じゃないか・・!

当時はそこまで意識していませんでしたが、自分の歴史的価値観とのギャップに少なからず疑問を持っていた気がします。
でっぱ虫
でも靴盗まれたんでしょう(笑)

2 尖閣諸島での船舶衝突事件のその後の日本側の対応

日本の領海で違法操業していた中国漁船が海上保安庁の船と衝突した事件です。
しかし、その時の菅内閣は中国の恫喝に脅えて逮捕した中国人船長を釈放してしまったのです。

でっぱ虫
これは領海に無断で入ってきた中国に責任があるのに・・。
実際に日本の本島にこのように進出してきた時、日本は毅然と対処できるのか不安になるね。

旦那 ブリ
それまでは戦争とは遠い昔の話で平和が当たり前だと思っていたのに….。
なんか一気に他人事じゃすまされない気がしたんだ・・。

※近年は度々、中国が無断で日本の領空に進出してきています。

3 大震災の時に日本人の規律精神

配給の際に列をしっかりなしたり、混乱に生じての窃盗などが少なかったとのことです。

でっぱ虫
外国の人達も驚いていたし、協力して助け合う精神にでっぱ虫も心打たれたなあ。

旦那 ブリ
日本人はこれほど規律精神をもっているのに・・戦争時、侵略など国際社会のルールを無視する行動をとった・・なんだか矛盾を感じたんだ。

4 大震災の時の自衛隊の活躍

自衛隊は

●ヘリや飛行機を大量に持っている
●大量の人員を迅速に集中できる
●インフラがなくても活動できる

という特徴があります。

また、自衛隊は日本で唯一の「自己完結できる組織」です。

でっぱ虫
大人数で現地にきても寝食の面倒を自衛隊自らが出来るのがすごいよね。

これも、元々戦場における活動を前提に訓練・組織されているためです。

旦那 ブリ
武力を行使できる自衛隊に対してマイナスイメージを持っていたけど・・
現実は最も頼りになる最後の砦だと感じたんだ。

でっぱ虫
ぶりが予備自衛官をやっているのは、この震災も影響しているんだね

予備自衛官とは
年齢制限がありますが、一般社会人でも応募が可能。
一年に5日間訓練する必要がある。
有事の際の後方支援を担当。
例えば駐屯地の警備など。
陸上自衛隊: 予備自衛官制度 – 防衛省・自衛隊

5 飛行機関係の仕事をしていて読んだ「大空のサムライ」に影響されて

旦那 ブリ
飛行機関連の仕事についているから、たまたまこの本を読んだんだ。

坂井さんに関して印象に残ったエピソード

ゼロ戦に搭乗した坂井さんが旅客機を発見しました。
重要人物が乗っている可能性もあるため、誘導して捕虜にするか考えていました。
しかし上手く誘導できず、撃墜するか迷っていたそうです。旅客機の窓をよく見ると、幼い娘を抱きかかえた若い母親が搭乗していました。
旅客機には当然武器もありませんでした。「敵だが、この抵抗できない人達を殺してこの戦争にどんな影響がでるのか?」という武士道精神からか、この場から逃げるよう合図を出し、坂井さんはその場を立ち去りました。戦後、外国記者の協力により、坂井さんはその娘と再会しています。
旦那 ブリ
生きるか死ぬか極限の中でも相手を思いやる武士道を持ち得た日本人。
そんな人達が自分たちの利益のためだけに戦争を仕掛けるのか疑問に思ったんだ。

実際自分もいつ殺されるかわからない状況の中では、日本側も過ちや過酷な教育制度、訓練があったとは思いますが・・・

でっぱ虫

皆が皆、坂井さんのような出来た人間であったとは思わないけど・・昔の日本人ってそんなに悪だったのかなあ・・

実際勉強したわかったこと 戦争の本当の理由は

旦那 ブリ
実際、僕が当時の資料や客観的事実に基づいた本などを読み漁った結果わかったことは・・

●国際社会というのは、平和や協調といった美名のもとに相手を油断させて支配下に置く弱肉強食の世界であること

●学校で学んできた歴史が必ずしも真実ではなく、一部の国や人にとって都合の良い方向に操作されていること

●歴史の教科書も起きた出来事のみ書かれていて、そこに至る過程や日本が置かれた状況が考慮されていないこと

●現代の価値観で当時の状況を語るには違和感があること

以下の動画がその当時の様子をかわりやすく説明して下さっています。

旦那 ブリ
これはその当時の勢力図だよ。

地図
上の地図の青色に塗られた国だけが植民地支配を受けていない独立国家です。

でっぱ虫
え!
日本領地(現在の朝鮮半島と台湾)とタイ以外、ほとんどが植民地じゃないか!

※この当時、タイもフランスとイギリスが喧嘩しないようにあえて残されていただけの独立国家です。

 

当時は欧米の植民地支配がまかり通っていた状況でした。
中国大陸においても軍閥(私兵)が争っており一つのまとまった政府があったわけでもありませんでした。

日本も常に脅威に晒されていた状況だったのです。

旦那 ブリ
いつ攻められて植民地化されるかわからない状態だったんだ・・。

日本の戦争目的は自分の国を守るためにも、アジア各国が独立して協力体制を取り自存自衛を図る事でした。
でっぱ虫
そのためにはアジア各国が欧米の植民地支配から抜け出さないと協力なんて出来るわけないよね・・

日本は闘わぜるを得なかったのです。

結果日本は戦争で負けて焼け野原になりましたが・・・

異国の地での日本兵の戦いのもと何世紀にもわたる欧米の植民地支配が終わったのです。

でっぱ虫
なるほど。
でも、もしかしたら日本も東南アジアの国々を欧米と同じように植民地化しようとした・・なんて考えられない?

旦那 ブリ
欧米の植民地化はその国の人達にまとまな教育を受けさせず、自立するという考えや知識を持たせず奴隷のように扱っていたんだ。
本当に人間に対する扱いではなかったんだ・・。

ですが、日本は教育、インフラ、技術をそこの国の人たちに教えていたのです。
また、現地の人(金錫源大佐や洪思翊中将)を重要な軍のポジションに登用していたという事実もあります。

金錫源 – Wikipedia

洪思翊 – Wikipedia

旦那 ブリ
2人とも朝鮮出身の方だよ。
奴隷として扱うつもりだったらありえないことなんじゃないかな・・

実際にアジア諸民族や各国の識者から、日本の行った行為はどのように受け止められているのでしょうか。

各国の方達からみた日本

■インドネシア

◎サンバス 元復員軍人省長官

特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、インドネシア国軍とともにオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。
日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。

でっぱ虫
日本が敗戦して家族の元にやっと帰れるのに、日本に帰らずインドネシアの独立のために一緒に戦ったってこと・・?

旦那 ブリ
そうなんだ。
自分のことだけ考えている者が国籍も違う人に命を懸けれるはずがないよね。

◎アラムシャ 元第三副首相

我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り、幾度か屍山血河の闘争を試みたが、オランダの投智なスパイ網と、強靭な武力と、苛酷な法律によって、圧倒され壊滅されてしまった。
それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し、感謝感激したのは当然である。

■オランダ

◎サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣(1985年日本傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時行われた市長主催の親善パーティの歓迎挨拶)

本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。
即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。
その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。
日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。

旦那 ブリ
支配をする側だったオランダが日本人を称えてくれているんだ。

でっぱ虫
日本人の私達より、日本のことを諸外国が知っているってどうゆうこと・・。

■タ イ

◎ククリット・プラモード 元首相

日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体だれのおかげであるのか。
それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。
12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意された日である。
さらに8月15日は、われわれの大切なお母さんが、病の床に伏した日である。
われわれはこの2つの日を忘れてはならない。

旦那 ブリ
だからタイと日本は仲がいいんだ。
嬉しいな。

下の動画はGHQの最高司令官であったマッカーサーの証言です。

この動画ではっきりとアメリカの最高司令官である人物が、
日本は石油などの資源がなく、蚕を除いて国産の資源はほとんどない。
それら全てのものはアジア海域にあった。(その時アジアの国々は欧米の植民地であった)
これらの供給が絶たれれば日本にはたくさんの失業者が生じるという恐怖があった。
従って、彼らが戦争を始めた目的は侵略ではなく自衛戦争であった。

と言っているのです。

でっぱ虫
・・日本は悪だと思っていた・・、
なんでこんな歴史が捻じ曲げられて私達に教えられているの?

旦那 ブリ
愛国心を強く持つ日本のような国を支配するには、メディアや教育によって洗脳し国民から自尊心を奪い、じわじわと弱らせるのが1番なんだ。

でっぱ虫
え、じゃあ今弱らされてる最中!?
確かに愛国心なんてなかった・・。

旦那 ブリ
もしかしたら本当の意味での戦争はまだ続いているのかもしれないよ。

でっぱ虫
え。

最後に

日本のために戦った人たちがいたからこそ、今の私達やあなたの暮らしがあるんだいうことを知って欲しいと思います。

でっぱ虫
家族と離れて異国の地で死にたいと思う人がいるわけがないよなあ・・。

でもそれでも、家族や子孫が生きるために戦い抜いて下さったのです。

自分も含め、知らない、関心がないということは罪だと思います。

旦那 ブリ
僕は知れば知る程、悪人に仕立て上げられ死んでいった先人達に申し訳なくて・・・
僕自身彼らのためにも何かできることはないかなって考えて、予備自衛官になったんだ。

更に「歴史は繰り返す」とよく言われます。

でっぱ虫
自分の子供、孫世代も平和な日本であって欲しい・・

今の日本、今後の日本がどうあるべきかは過去の歴史から学ぶことが多いのではないでしょうか。

旦那 ブリ
ですので、僕も勉強しながら少しづづ綴っていきたいと思います。
スポンサーリンク

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル

-歴史

執筆者:

関連記事

おくる

親日国タイに日本人の私達が出来る些細なこと【子供達に文房具を送ろう】

こんにちは。でっぱ虫です。 1年前、旦那のブリと目標をたてました。 それは「1日1つ善行を積む」こと。 でっぱ虫 それがなんということでしょう。 1日、1つどころか全く何もしていません。 旦那 ブリ …

楠正行

現代人が忘れた【義侠心】とは・・楠正行の6つのエピソードから学ぶ生き様

こんにちは。ぶりです。 今日のテーマは「義侠心」についてです。 「義侠心(ぎきょうしん)」 でっぱ虫 義侠心って何? 義侠心とは 打算や損得がなく、相手を思いやる心。 人間としての正しい道、すなわち正 …

カテゴリー

RSS