中国・四国

【琴平花壇】ひねくれでっぱ虫によるリアルな口コミ!

投稿日:2017年9月13日 更新日:

こんにちは。
旅行中のでっぱ虫です。

私達の今日のお宿は「琴平花壇 こんぴらの温泉 こんぴら温泉郷の宿」です。

でっぱ虫
与謝野晶子など、名だたる文人も泊った歴史ある老舗旅館だよ。

琴平花壇に実際に泊まってみた感想や、お部屋、お風呂、夕食などを紹介します。
スポンサードリンク

外観 チェックイン

旅館でゆっくりする前に、私達、金刀比羅宮に行きたいのです。

でっぱ虫
金刀比羅宮に行っている間の駐車場どうしよう。

ってことで車で駐車場を探してウロウロしていると・・・

駐車場に誘導したい人1
こっちこっち!!

駐車場に誘導したい人2
こっちこっちこっち!!

駐車場に誘導したい人3
こっちこっちこっちこっち!!

と自分の有料駐車場に誘導しようとする人達が次々に声をかけてきます。

なんかもう、

でっぱ虫
必死さが怖い。

誘導棒の振り方が尋常じゃないのです。

しかし私達は・・

でっぱ虫
無駄金は、はたきたくない。
誘導の人達ガチすぎて怖いし。

琴平花壇のチェックインは15時。
ダメ元で旅館に行ってみると、おじさまスタッフが出迎えてくださり、快く駐車場を空けてくれました!!

琴平花壇に宿泊する場合はチェックイン前でも駐車場が借りられるので少し得した気分になれます。
外観
中々、和モダン風な雰囲気です!!

そしてフロントで金刀比羅宮の観光案内までしてくださいました。

更に金毘羅宮はたくさん歩かないといけないので、靴まで貸してくれました!

しかし靴下がなかったので・・・

でっぱ虫
水虫を持った人がこの靴を履いていませんように・・・

と願いながら生足で履きました。

そして、無事、観光を終えて、15時にチェックイン。

ラウンジ

ラウンジで特製梅ジュースをもらえました。

でっぱ虫
びっくりする程、我が家で作った梅ジュースと同じ味がしたよ。

ちなみに夜になるとここのラウンジ、
バー
大人なバーになります。
でっぱ虫
かっこいい!!

客室

お部屋は
部屋
こんな感じ!!
普通ですね!!←

ただ、
景色

お部屋から見える讃岐平野がとても美しくのどかで・・・
電車の音や川の音、遠くで聞こえる子供たちの声に耳を傾けながら・・
讃岐の日常を肌で感じることが出来ます。

ただでさえ、日頃からボーっとしているでっぱ虫ですが、この景色を見ているとさらに思考が停止します。
そのくらい「無」になれる、のどかな時間が流れていました。

ちなみに幼少期のでっぱ虫のあだ名はボーちゃんでした。

でっぱ虫
その名に恥じない大人になったよ。

お風呂

お風呂に行きます!!
脱衣所
なんだかオシャレな和モダン調の脱衣所でした。
この脱衣所に住みたいです。
脱衣所
ちょっとした庭を眺めれる空間もあります。

あと、脱衣所にタオルが大量に置いてあるのがよかったです。
使い放題だし、部屋から手ぶらで来れますしね。

いざ、入浴。

風呂

意外に狭いです。
でも、人が少ない時期に泊まれば、十分です。

金刀比羅宮で階段を、785段も登ったので、疲れた足に温かいお湯が染み渡り、最高に気持ちよかったです。
ちなみに、こちらの記事で、「まだ筋肉痛が来ないです。ガクブル」と書いたのですが・・

遂に来ました!!筋肉痛。

14日後に

でっぱ虫
ちょっと自分でも信じられないんだけどね。
だってでっぱ虫、まだ27歳だよ。

でもこの記事書いてる最中もふくらはぎが痛いんです。

それはさておき、露天風呂もありますよ~。

露天風呂

笹の葉に囲まれて、遠くの方に讃岐山脈が見えます。
虫の声や鳥のさえずり、澄んだ空気の中で、大変リッチな気分になれました。
また、夜になると笹がライトアップされるので、また違った雰囲気を堪能出来ます。

我が家では、夏場はタイルの冷たさに惹かれてペットの犬が風呂場の洗い場を占領しております。

人間共は、すみっこの浴槽でお犬様が濡れないように細心の注意を払いながら毎日入浴してますので・・

でっぱ虫
そりゃあもう贅沢な時間だった!!

お風呂上りには、冷たい麦茶も用意されていました。

ちょっと、旅館を探索してみましょう。

外回廊

外回廊
この外回廊は、近代建築なモダンな雰囲気があり、本当に綺麗でした。
暗くなるとライトアップされ、温かいオレンジの明かりが、足元を照らしてくれます。

風に吹かれながら、讃岐平野を一望出来て、非日常感が感じられます。

ちなみにこの外回廊に

足湯
足湯もあります。
景色を眺めながら、足湯に浸かって・・
普段照れくさくて話せないことを旦那さんと語らう・・

旦那 ブリ
ねえ・・

人間ってなんのために生きてんの。


でっぱ虫
え、ソクラテスにでも聞いてくれ。

なんともまあ贅沢な時間を過ごせました。

数寄屋造りの離れ

そうそう。
こことっても歴史のある旅館なんですよ。

数寄屋造りの離れがあるんですけど、離れ
離れ

この離れに森鴎外、北原白秋、与謝野晶子など、名だたる文人さんが泊まったんですって。

すごいですよね。

でっぱ虫
一般の人も諭吉さんをいっぱい持ってくれば泊まれるよ。

ブルジョワな方は是非。

夕食

お待ちかねの夕食です!!!
絶対うどん県だし、うどん出ると思ったら出ませんでした笑
皆、観光で食べるからでしょうか。

あと、コレ!!
ナプキン?をアートチックにした奴!!
ナプキン
でっぱ虫、単純なので、これだけでテンション上がりました笑
高級っぽいですよね!!

この日のメニューは

  • 前菜   鶏煮凍り・タコ旨煮・蓮根酢漬け・アラ海老唐揚げ
  • お造り  五種盛り
  • 冷やし鉢 焼き茄子と冬瓜
  • 焼者   讃岐牛石焼
  • 強肴   鱧すき鍋
  • 油物   メチゴの天婦羅
  • 酢の物  鱧落とし
  • お凌ぎ  讃岐米
  • 留椀   赤だし
  • デザート 和三盆ロールケーキ

結構、創作料理もあって面白かったです。

肉

自分でバターをひいてから、お肉や野菜を焼きます。
野菜
肉

このお肉が上質な脂がしっかりのっていて、2枚なのにすごいボリュームに感じました。

個人的には、お刺身の鯛を卵白で作ったタレにくぐらせて食べたものと、焼き茄子と冬瓜の上にかかったとろみのあるタレが変わっていて美味しかったです。

また、鱧(はも)もすき鍋にしました。
鱧

このすき鍋のだし汁が本当に上品で、

でっぱ虫
飲み干しそうになるくらい!!

全体的に上品な味付けで、出来立てをコース料理のように運んできてくれました。

ちなみにこの日は義母さんのお誕生日だったため、無料のバースデープランで、乾杯ドリンクと、記念写真をサービスしてくれましたよ!!

男性スタッフさんがとても親切でよくしゃべってくれる楽しい方だったので、美味しい料理と共にとっても素敵な時間を過ごすことができました。

お腹が、はちきれそうな程のボリュームでした!!
また、デザートの和三盆のロールケーキも美味しかったです!!

ごちそうさま!!

もう1回お風呂入って、この日は寝ました。

朝食

朝食
朝食も美味しかったです。

目の前で作ってくれるサラダや、焼きたての卵焼き。
自分でホッケを焼いたりと大満足でした。

ちなみに後ろの席の外人さんと、
昨日大変感じのよかった男性スタッフさんとの会話が聞こえてきました。

外人さんが英語でスタッフさんに話しかけてて・・

外人さん
ペラペーラペラペーラ ・・

でっぱ虫全然聞き取れませんでした。

ですが、男性スタッフさん。

男性スタッフさん
アーハン、アー、アーハン。OH!

そりゃあもう、完璧な相槌をうっていました!!

でっぱ虫
さすが、最近の旅館はグローバルに対応できるスタッフを揃えているんだ・・すごいな!!

と感動していたら、

男性スタッフさん・・

男性スタッフさん
こちらのお魚を皮から焼いていただき、いい焼き目がつきましたらひっくり返して召し上がり下さい。

でっぱ虫
いきなりバリバリの日本語で話し出しやがった・・!!

外人さんも

外人さん
????

みたいな感じになってて思わず吹き出しそうになりました笑

でっぱ虫
あの流暢な相槌なんだったんだよ。

最後に

ゆっくりと時間が流れる空間の中で、面白いスタッフさんなど・・
大変素敵な思い出になりました!!

また是非行きたいです。

ちなみにでっぱ虫



こちらで予約しました。
キャンペーンがやっている時など、クーポン券がもらえます。

でっぱ虫も今回のこの旅行、宿泊代合計から、諭吉さん1人分、引いてもらいました!!
3名で58000円のところ、48000円にしてもらいましたよ。

ちなみに昨日の夕食時に撮ってもらった記念写真をチェックアウトの時にいただけました。

スッピンだったでっぱ虫とお義母さんはいい感じにぼやけてそこそこ綺麗に映ってました。
そう。何故なら、画質がめっちゃ悪かったからです

でっぱ虫
でもそれが逆にありがたかった・・!!

おしまい
スポンサーリンク

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル

-中国・四国

執筆者:

関連記事

うどん

名古屋人が、香川県の【うどんバカ一代】に行ってみた!

こんにちは。名古屋在住、でっぱ虫です。 名古屋人が香川県まで行ったら食べたいもの。 でっぱ虫 やっぱりうどんでしょう。 旦那 ブリ いや、名古屋人じゃなくても香川に行ったらうどん食べたいだろう。 名古 …

あわじ島オニオンビーフ

淡路島を満喫したいなら食べろ!オニオンキッチンハンバーガーin道の駅うずしお

でっぱ虫 こんにちは、旅行中のでっぱ虫です。 今回、ご紹介するのは、 淡路島オニオンキッチンさん 道の駅うずしおです。 旦那 ブリ このオニオンキッチンさんは、ご当地バーガー1位、2位を受賞したらしい …

義経

【わかりやすい】平家物語のあらすじを高松平家物語歴史館で学ぼう

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫達は高松平家物語歴史館にやってまいりました。 義母が平家物語が大好きなもので。 正直・・ でっぱ虫 え、楽しいのか。 と思っていたんですが、歴史に詳しくなくてもなか …

階段

せっかく金刀比羅宮の階段を登るなら、知らないと損する歴史と知識

こんにちは。旅行中のでっぱ虫です。 でっぱ虫 でっぱ虫は普段大変運動不足です。家の階段でさえ息が切れます。 そんなでっぱ虫が今から登ろうとしているのは金刀比羅宮です!! これから金刀比羅宮に登ろうとし …

景色

屋島ドライブウェイに行くなら、旅が10倍面白くなる知っておきたいコト

でっぱ虫 こんにちは。旅行中のでっぱ虫です。 今回ご紹介するのは屋島ドライブウェイ!! 景色の良さだけでなく、源平の戦いの地になったりと歴史ある土地でもあるんです。 旦那 ブリ ちなみに僕はスーパー晴 …

カテゴリー

RSS