その他オイル

バターとマーガリン。健康なのはどっちか即答する【バターの効果7つと危険性も】

投稿日:2017年10月12日 更新日:

こんにちは。でっぱ虫です。

でっぱ虫
・・・ぶっちゃけ、バターとマーガリンどっちが健康にいいの?(´◔౪◔)

ってことで、今回は
バターとマーガリン選ぶならどっちか?
マーガリンの危険性は?
バターは高いけど、お金を払う価値のある効果はあるのか?
バターの危険性は?

これらを解説していきますね!
バター

スポンサードリンク

バターとマーガリン・・健康を考えるならどっちを選ぶ!?

バターです。
くい気味の即答です。

マーガリンの危険性

以下の記事でいかにマーガリンが恐ろしいか、詳しく書いているので参考にして下さいね。

危険性を簡単にまとめると・・

マーガリンは植物油に水素を加えて固めたものです。
この過程で、トランス脂肪酸という恐ろしい奴が発生します。

マーガリンの危険性は、主にこのトランス脂肪酸原料の油です。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、以下の病気の原因になりえます。

動脈硬化 心疾患 肥満 アレルギー性疾患 (がん・死産・不妊症・うつ・アレルギー・狭心症・高血圧・糖尿病などにも関係している可能性あり)

詳しくはトランス脂肪酸とは。その危険性に全米が震えた!【ガクブル注意】

世界各国で水素化油脂(トランス脂肪酸が豊富)は禁止されているのですが、日本では何故か野放し状態です。
ニューヨーク市内ではマーガリンは使用禁止にされてるんですよ。

原料の油

遺伝子組み換え作物の使用や化学溶剤、ガンの原因になりうる酸化防止剤を使用した油がマーガリンの原料となっている可能性が高いです。

パーム油大豆油キャノーラ油など。

ふむ。
マーガリン恐ろしいな。
マーガリンの栄養素を調べるまでもなく選択肢から消えました笑

でっぱ虫
でも・・バターにだってあんまりいいイメージがないのはでっぱ虫だけじゃないはず・・。高いし・・
・・バターって実際どうなのよ?

バターって実は健康にいいの!?

脂肪たっぷりのバター。
心臓病や糖尿病になりそうなイメージですよね。

ですが、アメリカの研究で、バターの消費量と健康への影響について分析したところ・・

バターを食べることと、心血管疾患になることの関連性は認められませんでした
バターを食べても心臓病への影響がないどころか、「2型糖尿病」になるリスクが4%減るという結果が出ました。

※2型糖尿病とは、高カロリー食、高脂肪食、運動不足が原因。血液中のブドウ糖が多くなり過ぎる病気

でっぱ虫
意外!!
では、多少高くてもマーガリンよりもバターを選ぶ理由を順番に見ていきましょう。
健康

バターの嬉しい効果

短鎖脂肪酸だから太りにくい

バターは飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸と聞くと、体内で固まってしまうから動脈硬化とか、コレステロールを上げてしまうとか悪いイメージが多くないですか??

ですが、バターに含まれる飽和脂肪酸は短鎖脂肪酸なんです。

はて??なんだそれ?って方に簡単に説明しますね。

短鎖脂肪酸は、その大半が大腸のエネルギー源になります。

短鎖脂肪酸は腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるいい奴なんです!

そして・・

短脂肪酸の嬉しい効果

1 ガスが溜まらない
2 便秘解消
3 肌荒れを防ぐ
4 大腸がんの予防
5 動脈硬化を防ぐ
6 ミネラルの吸収を促進
7 うつ病にいい
8 肥満防止
9 食欲を抑える
10 免疫効果を高める
11 糖尿病予防

これらの効果が期待出来るんです!!
バターなんて太りそうで、動脈硬化に・・といった悪いイメージと正反対の効果です。

でっぱ虫
これまた意外!

短鎖脂肪酸について詳しくは

短鎖脂肪酸とは?その驚くべき効果11個!!

ビタミンAが豊富

バターにはビタミンAがたくさん含まれています。
その量は牛乳の・・・・13倍!

ビタミンAの効果

美肌効果・・皮膚や粘膜を健康に保つ
眼にいい・・ドライアイや眼精疲労を防ぐ
病気の予防・・免疫力を高めてウイルスを撃退。風邪などの予防
など

またバターが黄色いのはビタミンAのカロテンのせいです。
そのカロテンは、牧草に多く含まれているので、牧草を食べた牛の乳からつくるバターの方が、よりビタミンAが豊富ですね。

ビタミンDが含まれる

バターには日本人の不足しがちなビタミンDも含まれています。
ビタミンDの効果

骨を丈夫に・・骨粗しょう症予防
病気の予防・・免疫力をあげ、風邪などの予防
うつなどの予防・・ビタミンDが不足すると精神障害があらわれるとの報告あり
など

ビタミンKが含まれる

ビタミンKの効果

止血効果・・出産時によい
骨を丈夫に・・骨粗しょう症の予防

ビタミンEが含まれる

マーガリンに比べると少量ですが、バターにもビタミンEが含まれています。
ビタミンEの効果

抗酸化作用・・身体が錆びるのを防ぎ、老化などの予防
血流をよくする・・美肌、冷え症、肩こりによい
コレステロール値下げる・・悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす
前立腺がん、胃がんの予防をするというデータもあり

リンがそれ程多くない

リンは多すぎると、カルシウムの吸収を妨げてしまいます。
そして、加工食品を多く食べる、現代の食生活ではリンをとり過ぎ傾向にあります。

では、折角バターにはカルシウムも含まれているのに、吸収されないのでしょうか?

いいえ。
バターは、牛乳に比べると、リンの含有量はそれほど多くないので、それ程、気にすることはないでしょう

※牛乳ではカルシウムがあまり吸収出来ていないという説があります。

リンやカルシウムの他にも、ナトリウムやマグネシウムなどのミネラルを多種類含んでいます。

バターに含まれる共役リノール酸

共役リノール酸とは、不飽和脂肪酸の一種で、牛や羊などのはんすう動物の胃で作られます。

共役リノール酸の効果

1 体脂肪を減らす
2 脂肪を溜めこまない
3 筋肉に栄養を届ける
4 抗酸化作用

実際、ダイエット目的や、筋肉ムキムキのために、この共役リノール酸が含まれたサプリメントも売られていますよね。

でっぱ虫
・・・バターって実は最強じゃね??

しかし、それがそうでもないんです。

様々な実験から、バターの今の位置づけは「有害でも有用でもない食べ物」というなんとも中途半端なポジションなんですよ。

でっぱ虫
え、何故??

危険!?共役リノール酸は、天然のトランス脂肪酸

実は、この共役リノール酸は別名、天然のトランス脂肪酸なんです。

でっぱ虫
あれ!?トランス脂肪酸ってマーガリンがやばい理由の1つだったよね!?

そうなんです。
今まで問題視されていたのはマーガリンのように、人工的に発生させる人工トランス脂肪酸だけでした。

しかし、牛や羊などの胃に棲む微生物によって発生する天然のトランス脂肪酸に対しても、ある研究が警鐘を鳴らしたのです。

「天然であれ、人工であれ、トランス脂肪酸は心筋梗塞を23%も増やし、心不全による突然死を47パーセントも増加させる」と発表したのです。

簡単に言うと、この研究は、共役リノール酸は悪玉コレステロールを増やす作用があると報告したのです。

悪玉コレステロールを増加→血管に溜まる→動脈硬化→心筋梗塞→突然死の可能性

こんな怖い、報告結果があって、バターにはこの共役リノール酸が含まれているというわけです。

でっぱ虫
うーん。なんてこったい。

バター

結論

再び、バターとマーガリンどっちを選ぶかと聞かれたら、それでもやはり、くい気味でバターと答えます。

何故なら、バターに含まれる、天然のトランス脂肪酸(共役リノール酸)は・・

安全なのか有効なのか、それとも悪なのか、まだ完全に明らかにされていないから
例え悪でもバターにはほんの少量しか含まれていないからそれ程、気にしなくてよいから

実際に、この共役リノール酸が身体によい効果をもたらすという実験結果も多数存在しますしね。
これからの研究に期待ですね。

そして、バターを選ぶ1番の理由は・・
マーガリンに含まれる人工トランス脂肪酸は完全に悪だからです。
バターとは比較にならない程、トランス脂肪酸が多く含まれているのも怖いです。

世界各国で、全面禁止されているのが何よりの証拠です。

さあ、あなたはバターとマーガリンどっちを選びますか!?

まとめ

バターの方が安全。

なぜならマーガリンのこの2つが、めちゃくちゃ身体に悪いから。

人工トランス脂肪酸
原料の植物油

逆にバターの効果としては

短鎖脂肪酸だから太りにくい
ビタミンAが豊富
ビタミンDが含まれる
ビタミンKが含まれる
ビタミンEが含まれる
リンがそれ程多くないからカルシウム吸収を妨げない
バターに含まれる共役リノール酸

これらが挙げられる。

ただ、バターに含まれる共役リノール酸の別名は天然のトランス脂肪酸。
これが、悪なのか、安全なのか様々な実験結果があり、まだわからない。

だが、マーガリンよりはバターの方が安全であることは間違いない。

スポンサーリンク

ダブルレクタングル

ダブルレクタングル

-その他オイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

安心

菜種油の健康効果と安全な選び方。ここを見て!2つのポイント【おすすめ商品も】

こんにちは。揚げ物大好きでっぱ虫です。 前回はキャノーラ油の怖さを解説しましたね。 「なんだい、それは?」って方は キャノーラ油は買わないで!その3つの危険性!菜種油との違いは? を先に読んで下さいね …

ごま油

ごま油の嬉しい効果と怖い危険性!知って損はさせないよ!

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 あ、ごま油がなくなった。 買いにいくの面倒だなあ。 普段当たり前のように使ってるけど、このごま油って健康にいいのかな?それとも危険なのかな。 旦那 ブリ 確かに素 …

ギー

ギーとは?その栄養から期待できる効果20個!おすすめ通販も紹介

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 なんだかギーが人気みたいだけど、ギーって何?おいしいの? なんでそんなに人気なんだろう・・。 という疑問にお答えすべく、今回は注目を集め始めているギーについて調べ …

バター

グラスフェッドバターとは?普通のバターとの違い4つ!おすすめの商品も紹介します

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 マーガリンが身体に悪いのは知ってるから、バターを買おうかなと思ってるんだけど、どんなバターがいいかな~ と考えているあなたに。 グラスフェッドバターをおすすめしま …

紅花

紅花油に副作用や危険性はあるの?特徴・効果・使い方が知りたい!

こんにちは。でっぱ虫です。 でっぱ虫 サラダ油ってからだに悪いよね。 クセがなくて健康にいい油探してるんだけど・・紅花油ってどうなんだろう? ※サラダ油の怖い危険性6つ【ガクブル注意】 ということで、 …

カテゴリー

RSS